toggle
2020-11-05

PR

技術者としての成功を。 高い技術力が学べるSOY-KUFU(ソイクフ)の魅力とは?

高田馬場駅、東伏見駅に店舗を構える『SOY-KUFU』
都心にアクセスしやすい立地で、住環境が整い穏やかな雰囲気のエリアにあるこのサロンには“高い技術力が身につく育成システム”があります。

今回は“技術者としての美容師”という観点から1人1人が成功していくための秘訣について、代表の石橋さんにお話をお聞きしました。


もっともっと、技術力を高めてほしい

SOY-KUFUには「高い技術を習得したい」という意志を持って入社してくれるスタッフが多く、それは私たちのサロンの強みでもあります。将来に繋がる技術を磨くために、私たちが行っている工夫は大きく分けると“5つ”あります。

  • ウィッグ教育を削減し、モデル教育を充実

私たちのサロンでも基礎はウィッグで練習をしますが、早く実践経験を積んでもらうため、 “人頭で学ぶこと”に重きを置いて教育しています。

その練習には当然モデル集めが必要となりますが、近隣の早稲田大学さんと連携することで、モデルの確保を十分に行うことができています。
若手のスタッフたちが1日でも早くリアルな部分を感じ、学ぶことができる教育方法を日々模索しています。

  • 1人で行う仕事は、より丁寧な指導を

アシスタントが≪1人で施術≫するシャンプーなどに対しては、より丁寧な指導を心がけています。その理由はシンプルで、たとえアシスタントでも「お客様と美容師という1対1の関係性」の中に料金が発生しているからです。

ですので、入社してすぐの練習は≪2人で施術≫するトリートメント塗布からです。ウィッグで練習をしながら手順をしっかり覚えてもらい、早い子は入社して2日で入客していますね。先輩と一緒に施術するので安心して塗布に入れます。

これによって、接客することで得られるやりがいと、自分の成長を早い段階から認識してもらっています。それと同時に、1人施術のシャンプートレーニングを行いながら、責任を学んでいくので「やりがい、成長、責任」これら全てを感じてもらえる仕組みになっています。

  • 全ての業務をクラウド化し、わかりやすく

様々な業務をクラウド化し「いつでもどこでもスマホを使って予習復習」ができるようにしています。掃除の仕方や、タオルのたたみ方などの雑務も、スマホ1つあれば確認することが出来ます。これは技術を学ぶときも一緒で、先ほどのトリートメント塗布や、カット練習も先輩に習った後、動画で復習することができます。

  • カラーの学習は問題集形式に

カラーは数値化できるので、理論を覚えれば時間効率も良く適切に仕上がります。例えば『AからBにする為に、薬剤レベルや色味を、何対何で混ぜて何分置くのか?』などですね。

SOY-KUFUでは、このようなカラー理論を問題集形式にしてあり、アシスタントはサロンワーク中にスマホを使い勉強しています。問題に答えていくことで、カラーの基礎や調合の考え方が身につくようになっています。現在はこの仕組みをアプリにする計画を進めており、2021年の春には出来上がる予定です。

  • やることはやる、省けることは省く労働環境

私たちのサロンでは8時間労働を徹底していて、ミーティングも営業時間内、お休みも月8日です。先ほど話したように、学習方法をクラウド化していることもそうですし、SNSを使うことも現代においては必須ですよね。また、私たちのサロンではメーカー主催の講習会を、無料でサロンワーク中に受講することもできます。

今までの古い慣習や、やり方にとらわれず、必要なことそうでないことの線引きを、常にアップデートしています。

  • 学生時代からサロンワークを学べるように

美容師はお客様に「ありがとう」と言ってもらえて、撮影で良い作品が出来た時には嬉しい気持ちにもなれる、やりがいのある職業です。でもそうなるためには、技術を磨いていくことが必須だと思っています。

そこで、学生時代からサロンの技術を学ぶ方法として【美容学生スキルアップTV】というYouTubeチャンネルを開設しました。(内容はまだ少ないですが、チャンネル登録をおすすめします。)

SOY-KUFUには、「自分がどうなっていきたいか?」をきちんとサポートできる環境が万全に整っています。ぜひ見学にいらしてくださいね。


SOY-KUFU 高田馬場店
〒171-0033 東京都豊島区高田3丁目16−9 小倉ビル 2F A
03-5944-9978
アクセス
https://goo.gl/maps/tes5iBhNro2qQMSi7
ホームページ
https://soy-kufu.tokyo/

【美容学生スキルアップTV】はコチラ!
(チャンネル登録がおすすめ!)

美容学生向けインスタはコチラ!

★新卒採用情報はコチラ★

(カメラマン:金田裕平/ライター:井上詩織)

関連記事