toggle
2021-10-07

NEXT GENERATIONS 2021 Part.2

先輩から後輩へ当たり前のように「ありがとう」。人間関係がいいからこそ、頑張ろうという気持ちになれる

イーストハムanello店 黒田 真未さん
ベルフォートアカデミー卒

就職活動で感じた魅力と、実際に働くようになってからのギャップに不安を感じる学生は多い。そんな中、「まったくのイメージ通りでした」と話してくれるのは、イーストハム・アネーロ店の黒田真未さん。黒田さんが特に安心したのは、スタッフ同士の仲の良さが、サロン見学で見たままだったことだという。「サロンワークでも、私が何かする度に『ありがとう』と言ってくれるのが嬉しいですね。普段からコミュニケーションが取れているので、自然と仲も良くなります」

先輩が後輩を思いやる風土があるため、新人も頑張ろうという気持ちになれる。「この雰囲気のお陰で、練習で苦手なことがあっても、先輩に気軽に『ちょっと見てもらいたいんですが…』と頼めます」今は特にパーマの練習を見てもらっているという黒田さん。店舗には、目標になるような先輩が何人もいる。「尊敬できる先輩がいるのは、仕事へのモチベーションにもつながりますよね」黒田さんの目標は、たくさんの人から「ありがとう」と言われるスタイリストになること。それもそんな先輩の姿を見ているからこそだ。

株式会社イーストハム
岐阜県岐阜市加納栄町通3-6

(カメラマン:松本寛秀 ライター:生木卓)

★目次に戻る★

1 2 3 4 5 6 7 8
関連記事