toggle
2019-07-16

PR

現役学生がOB・OGの働くサロンへ潜入!ユニバーサルビューティカレッジ専門学校×ORANGE POP

就職活動をしていく中で重要なのは「どんなサロンで働きたいか」。数多くのサロンの中から受けたいサロンを探すには?就活ってどう進めていけばいいの?など、実際に働く先輩に聞きたいことはたくさんあるはず。今回は同じ学校を卒業した先輩を学生が訪問。

ユニバーサルビューティカレッジ専門学校を卒業後、千葉県内を中心に展開しているORANGE POPに入社し、現在は行徳店の店長を務める伊藤さんと、同学校で現在2年生である石川さんのお2人から、ざっくばらんにお話を伺いました!

サロン選びに迷ったら、まずはどうなりたいかを考えよう

石川 現在まで3店舗は見学に行ったのですが、何から決めていいのかわからなくて。

伊藤 まず、将来どうなりたいのかな?

石川 大きな全体像はまだ分からないんですが、すぐに髪を切りたいと思っています。

伊藤 そうしたら、デビューの早いサロン・会社を中心にもっと見学に
行った方がいいと思うよ。あとはどんな人たちと働きたいのかもよく考えてみて。キリッとした職人気質な人たちの中で切磋琢磨したいのか、それともフレンドリーなカジュアルサロンなのか、そんなところにも思いを巡らせると、自然と入りたいサロンの雰囲気が狭まってくるよ。

オレンジポップ行徳店 店長 伊藤 輝さん

石川 私、個性的なファッションが好きなんですが、正直面接でファッションは重視されますか? 服装をイチから変えなくちゃいけないのかな、という心配も……。

伊藤 個人店ならオーナーの好きな個性から外れてしまうと難しいかもしれないけど、いろんな個性の人が働く大型店なら、ファッションが面接内容に左右されることは少ないと思う。どんなにおしゃれでも、個性的でも、清潔感が一番大事。働いていくうちに、どんどん洗練されていくし、実は僕、元・ギャル男(笑)。
スタッフやお客さまの助言で、自分の個性を持ちつつ、おしゃれな人に成長できるのも美容師をやっていく楽しみのひとつかもしれないね!

石川 伊藤さんはなぜオレンジポップに入社を決めたんですか?

ユニバーサルビューティカレッジ専門学校 総合美容科  石川詩織さん

伊藤 まずは福利厚生・社会保険がしっかりしてたところ。お給料も美容業界基準ではなく、社会的な基準でお給料が決まっていたのも、会社として信頼できるポイントだったよ。あとは友だちの髪を切りたいから、できるだけ県内がよくて。サロンの雰囲気がアットホームだったのも決めてのひとつでしたね。

石川 寮などはあるんですか?

伊藤 寮はないんですが、地方から入社してくれる人も多いので、住宅手当と引越し代金を一部支給していますよ。

サロンの雰囲気は、顔を見て選ぶ!?

1 2
関連記事